ドックフォーライフ ジャパン

手足の不自由な人を助ける介助犬、耳の不自由な人を助ける聴導犬を訓練し、必要としている障害者に提供している団体です。障害者が補助犬と生活することで自信が持てるようになり社会参加や自立をする後押しとなります。また、補助犬セミナーや講演会を通して補助犬と障害者に優しい街作りをめざします。

介助犬、聴導犬の育成と障害者への貸与

補助犬の啓蒙活動

補助犬を通して障害者の自立と社会参加支援


企業や商業機関への補助犬の受け入れセミナー

○公共施設対象 

身体障害者補助犬受入れ

セミナー

○企業対象

補助犬受入れセミナー、補助犬

使用者の雇用相談

費用:8000円~

各種福祉イベント参加

○ボランティア、シルバー人材対象補助セミナー

○小中学校福祉事業

(身体障害者補助犬とは)

○高校・大学福祉事業

(補助犬を通して見る障害者差別のない社会)

費用:5000円~

介助犬、聴導犬の育成ほか

費用:要相談


【公式Face book】

【公式ブログ】

愛媛大学 学生さんより寄付金を授与いただきました ()
11月に開催された愛媛大学学園祭障がい学生支援ボランティア(CBP)の皆さんが補助犬育成募金活動やチャリティー活動をしてくださり総額¥25,302を介助犬、聴導犬育成費用として寄付いただきました 聴導犬訓練生エマや介助犬訓練生ジュリの育成費用として大切に使用させていただきます今回の学祭でブースに立ち寄ってくださる人々と接しながら感じたことはどれくらいの人が大学に障がいを持った学生がいることを認識してい
>> 続きを読む


【団体概要】

団体名  ドッグフォーライフジャパン

代表者

氏名

 砂田眞希

所在地

 松山市三町

設立

 2014年

設立目的

 良質な介助件・聴導犬を障害者に貸与し、障害者の社会参加と自立を促す支援をする。補助犬使用者が住みやすい社会を江ざし、補助犬啓蒙活動をおこなう。

設立背景

 障害者が就職、就学する際に社会の壁とぶつかり自立や社会参加を躊躇してしまうことがあります。補助犬は障害者の身体面、精神面のサポートをして障害者に自身と安心感を与えることができます。当会では障害者に介助犬、聴導犬を貸与し社会参加と自立促進をになっています。また、補助犬と生活する障害者が安心して社会生活できるよう補助犬受入セミナーや補助犬法についても啓蒙活動を積極的に行っています。

主な取引先・関係団体

 松山市、愛媛県内小中学校、松山市社会福祉協議会など

内閣府NPO法人ポータルサイト

 

【団体沿革】

年度  
平成27年度

 聴導犬貸与実施:平成27年度愛媛県補助犬給付事業により県内初の聴導犬を松山市在住男性に貸与

小学校臨時講師:伊台小学校総合福祉授業講師

セミナー等講師:松山市ボランティア連絡協議会、道後温泉旅館協同組合、伊予市社会福祉協議会、愛媛県生涯学習センター、松山市役所障害福祉課、社会福祉協議会主催「耳の日」イベント

イベント出展:えひめ福祉博、厚生労働省主催補助犬啓蒙イベント

平成28年度

 聴導犬貸与実施:愛媛県補助犬給付事業 県内2号聴導犬を今治市在住助成に貸与

学校臨時講師:西条市立東予西中学校補助犬特別授業、伊台小学校総合福祉授業、松山市聾学校聴導犬授業

イベント出展:広島初補助犬イベント、えひめ福祉博展、松山市生涯現役交流会、NPOまつり

セミナー等講師:NPOつばさ記念授業講師、愛媛大学主催やりたい仕事創造学校

表彰:松山ソロプチミストより表彰

その他:NHKひめポン出演、北条市人権研究会「補助犬からみた差別」提言者